富士市 債務整理 弁護士 司法書士

借金返済の相談を富士市在住の方がするならこちら!

借金の督促

自分一人だけではどうしようもないのが、借金返済・お金の問題です。
金額がどんどん多くなり、金利を払うので精一杯。
借金返済の問題は、1人で悩んでいても解決するのは難しいものです。
富士市にお住まいの人も、まずインターネットの無料相談で、司法書士や弁護士に相談してみては?
いきなり事務所へ行って直接相談するよりも、インターネットの無料相談の方が、気後れなく相談できるのではないでしょうか。
もちろん、富士市の方でもOKな法律事務所・法務事務所を紹介しています。
1人で悩むより、まず弁護士や司法書士に相談するのが、借金問題解決への第一歩です。

債務整理や借金の相談を富士市在住の方がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

富士市の債務や借金返済問題の相談なら、ココがおすすめ。
弁護士が対応してくれて、しかも全国対応の法律事務所です。
初期費用が無料だから、今の手持ちがなくても安心です。
弁護士代金の支払いは、分割払いでもOKです。
弁護士への相談料金はもちろん無料!
借金の取り立てをSTOPすることもできます。
個人再生、任意整理、過払い金、自己破産、など、債務について相談することができます。
しかも、窓口では24時間365日、いつでも受付してくれます。
フリーダイヤル(電話代金無料)で相談受付できるので、借金返済で困っている方も今スグ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国対応の、過払い・債務の問題が相談できる法務事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、自分にピッタリの方法で、どうにもならない借金問題を解決します。
また、過払い請求は初期費用0円、取り戻した過払い金から費用を支払えます。
任意整理においても、和解成功報酬・減額報酬などは一切取らないので、おトクに解決することが可能です。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の方でも安心して相談できます。
まずは気軽に無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ここも全国対応の司法書士事務所なので富士市に住んでいる方も相談OKです。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、毎回号泣してしまうという、涙もろい一面も。
債務整理の料金は分割払いも可能なので安心です。
家族や職場にバレないよう配慮も徹底してくれます。
借金返済の問題は、1人で悩まないで、一歩を踏み出して無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



他の富士市近くの弁護士や司法書士の事務所の紹介

富士市には他にもいくつかの弁護士・司法書士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●塩谷知一法律事務所
静岡県富士市中央町1丁目10-11富士ビル4F
0545-54-0408
http://shioya-law.com

●浅賀光吉司法書士事務所
静岡県富士市中央町1丁目9-8
0545-52-8888

●仲澤千尋司法書士事務所
静岡県富士市中央町1丁目9-119
0545-55-3737

●石川弘章司法書士事務所
静岡県富士市中央町1丁目9-12
0545-53-5093

●佐野法律事務所
静岡県富士市平垣114-6
0545-65-5488

●みやうち司法書士事務所
静岡県富士市高嶺町7-28高嶺ツインビルA1F
0545-54-2933

●和田三郎司法書士事務所
静岡県富士市中央町1丁目10-38
0545-51-5005

●田代司法書士事務所
静岡県富士市中央町3丁目1-9
0545-54-2227

●宇佐美守英司法書士事務所
静岡県富士市緑町1-4
0545-52-7370

●高橋善友司法書士事務所
静岡県富士市中央町2丁目2-5
0545-53-6035

●立石法律事務所
静岡県富士市御幸町3-22
0545-52-4193
http://tateishi-lo.jp

●藤司法書士事務所
静岡県富士市青葉町327
0545-30-7555
http://fuji-shihoshoshi.net

●本野仁法律事務所
静岡県富士市中央町3丁目2-2シゲノブビルU4F
0545-53-8880
http://honno-law.jp

●静岡県青年司法書士協議会クレジット・サラ金問題相談センター富士支部
静岡県富士市高嶺町7-28
0545-57-7611

●富士総合法律事務所
静岡県富士市永田町1丁目150
0545-32-6351
http://fujisougou-law.com

富士市にある地元の弁護士・司法書士の事務所の門をたたき、直接相談するのもアリだと思います。
ですが、いきなり直接相談するより、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、気後れせずに相談できる方も多いのではないでしょうか。

借金返済や多重債務、富士市でなぜこうなった

消費者金融やクレジットカードの分割払い等は、高い利子が付きます。
15%〜20%も金利を払わなければならないのです。
住宅ローンの金利は0.6%〜4%(年間)くらい、車のローンでも1.2%〜5%(年間)ぐらいですので、ものすごい差があります。
そのうえ、「利息制限法」ではなく「出資法」をもとに金利を設定しているような金融業者だと、なんと利子0.29などの高い金利をとっている場合もあります。
非常に高い利子を払い、しかも借金はどんどんふくらむ。
お金を借りたのは自分の責任なので仕方ないのですが、額が大きくて高い利子という状態では、なかなか返済は厳しいでしょう。
どう返済すべきか、もはやなにも思いつかないなら、法律事務所や法務事務所に相談してみてはいかがでしょう。
司法書士・弁護士なら、借金返済の解決策をきっと捻り出してくれるでしょう。
長期の返済計画になるかもしれませんし、過払い金を請求して返済金額が減るのかもしれません。
まずは相談、解決にはこれが第一歩です。

富士市/債務整理のデメリットはどんなものか|債務整理

債務整理にもいろいろな手段があり、任意で闇金業者と交渉をする任意整理と、裁判所を通す法的整理の個人再生若しくは自己破産などの類があります。
じゃあこれらの手続きについて債務整理デメリットという点があるでしょうか。
これら3つの進め方に共通して言える債務整理デメリットと言うと、信用情報にそれらの手続を進めた事が記載されてしまうことです。世に言うブラック・リストというような情況です。
すると、概ね5年〜7年ぐらいは、ローンカードが創れなかったり借り入れが不可能になったりします。けれども、あなたは支払に日々苦しみぬいてこれ等の手続を行う訳なので、もう少しは借入れしない方がよいのではないでしょうか。じゃクレジットカードに依存し過ぎている人は、逆に言えば借入れができない状態になる事によって救われると思われます。
次に個人再生と自己破産の債務整理のデメリットですが、官報にこの手続をした事実が掲載されるという点が挙げられるでしょう。しかしながら、貴方は官報等ご覧になったことがあるでしょうか。むしろ、「官報ってなに?」という人のほうが複数人いるのじゃないでしょうか。
現に、官報は国が作成する新聞みたいな物ですけれど、信販会社などの極一定の方しか目にしません。だから、「破産の実情が近所の方に知れ渡った」等という心配事はまずないでしょう。
最後に、破産独特の債務整理のデメリットですが、1度自己破産すると7年の間は2度と自己破産はできません。これは十分留意して、2度と自己破産しなくてもすむ様に心がけましょう。

富士市|自己破産にはやっぱりリスクがある?/債務整理

はっきし言って世間一般で言われるほど自己破産のリスクは少ないのです。土地・マイホーム・高価な車など高額な物は処分されるが、生活の為に必ず要る物は処分されないのです。
又20万円以下の預金も持っていていいのです。それと当面の間の数か月分の生活するために必要な費用100万円未満なら持って行かれることはないでしょう。
官報に破産者のリストとして記載されるのですがこれも一部の人しか目にしないでしょう。
又いうなればブラック・リストに記載されしまい7年間ほどの間はキャッシングもしくはローンが使用できない情況になるが、これはいたし方ない事なのです。
あと決められた職種に就けないことが有るのです。だけれどもこれもごく一定の限られた範囲の職種なのです。
したがって債務超過で返す事の不可能な借金を抱え込んでいるのであれば自己破産を実行するのも1つの方法なのです。自己破産を行ったら今までの借金が全てなくなり、新しく人生をスタート出来ると言う事でよい点の方が多いと思います。
また自己破産者は公法上の資格制限とし税理士や司法書士や弁護士や公認会計士などの資格は取り上げられます。私法上の資格制限として遺言執行者や保証人や後見人にもなれないでしょう。また会社の取締役等にもなれないでしょう。けれどもこれらのリスクはおおよそ関係が無い場合が多いのじゃないでしょうか。リスクはあまり大きな物じゃ無いはずです。