練馬区 債務整理 弁護士 司法書士

借金返済の相談を練馬区在住の方がするならどこがいいの?

お金や借金の悩み

借金が多くなりすぎて返済が苦しい…。
債務整理をして、借金の苦痛から解放されたい…。
もしそう思うなら、すぐに弁護士・司法書士に相談しましょう。
弁護士や司法書士が探してくれる解決策で、毎月の返済金額が減ったり、督促が止まったり、等というさまざまな恩恵を受けられる可能性があります。
最近ではネットで無料相談ができる法務事務所や法律事務所も沢山あります。
ここでは、それらの中で練馬区にも対応している、オススメの法律事務所・法務事務所を厳選して紹介しています。
また、練馬区にある他の法律事務所や法務事務所もいくつか紹介しているので、そちらも参考にしてください。
借金の問題は、一人ではなかなか解決できません。
司法書士・弁護士の知識や知恵を借りて、解決策を探しましょう!

練馬区在住の方が債務整理・借金の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

練馬区の多重債務・借金返済解決の相談なら、コチラがお勧め。
弁護士が対応してくれて、全国対応の法律事務所です。
初期費用が0円なので、手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士代金の支払は、分割払いも可能です。
弁護士への相談料金はもちろん0円!
借金取り立てのSTOPも可能です。
過払い金、自己破産、個人再生、任意整理、など、債務の問題について無料で相談することができます。
しかも、窓口では24時間365日、いつでも受け付け可能です。
フリーダイヤル(電話料金無料)で相談受付してくれるので、お金に困っている人も今すぐ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!電話受付OK☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国に対応している、借金や過払いの問題を相談できる司法書士事務所。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、あなたにピッタリの方法で、どうにもならない借金問題を解決していきます。
それと、過払い請求は初期費用0円、取り戻した過払い金から支払できます。
任意整理も、減額報酬・和解成功報酬などは一切支払わなくてよいため、おトクに解決することが可能です。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性も安心して相談できることでしょう。
まずは無料相談をどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

コチラも全国に対応している司法書士事務所なので練馬区の人も相談できます。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士とも呼ばれる代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、毎回号泣してしまうほど涙もろい人柄。
債務整理の費用は分割払いが可能なので安心です。
職場や家族にバレないよう配慮も徹底してくれます。
借金返済の問題は、一人で悩まず、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



練馬区近くの他の弁護士・司法書士の事務所を紹介

他にも練馬区には複数の法律事務所や法務事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●岩崎行雄司法書士事務所
東京都練馬区石神井町2丁目14-31
03-3995-9811
http://shiho-iwasaki.in.coocan.jp

●さくらリーガル(司法書士法人)
東京都練馬区春日町5丁目33-29かすがコーポラス1F
03-3970-7500
http://sakura-legal.or.jp

●きのした法律事務所
東京都練馬区2丁目29-13森ビル2階
03-5921-2766
http://kinoshita-law.net

●平松司法書士事務所
東京都練馬区春日町6丁目2-3西武ルミエール春日台1F
03-3970-7741
http://office-hiramatsu.com

●高田司法書士事務所
東京都練馬区東大泉5丁目41-29
03-5935-9317
http://oz-web.biz

●関口司法書士事務所
東京都練馬区氷川台3丁目39-3ルミエール氷川台209
03-5946-4611
http://homepage2.nifty.com

●ねりま光法律事務所
東京都練馬区豊玉北6丁目4-6NEWVALLEY2F
03-6794-4171
http://nerima-hikari.jp

●明星司法書士事務所
東京都練馬区大泉学園町2丁目20-6
03-5935-8805
http://shihou-akeboshi.com

●北西法律事務所
東京都練馬区練馬1丁目2-8若葉ビル7階
03-5946-9271
http://kitanishi-law.jp

●飯塚覚司法書士事務所
東京都練馬区春日町5丁目35-33
03-3990-9325

●相澤法律事務所
東京都練馬区石神井町4-6-3ダイナシティ石神井公園2階
03-3995-1055
http://aizawa-law.jp

●鈴木司法書士事務所
東京都練馬区桜台1丁目8-3
03-3948-6102

●佐藤卓哉司法書士事務所
東京都練馬区東大泉1丁目34-8本橋ビル202号
03-5935-9851
http://sato-shiho.or.tv

●佐々木大助司法書士事務所
東京都練馬区春日町6丁目4-30
03-3999-6594

地元練馬区の法律事務所・法務事務所に行き、直接相談するのもよいと思います。
ただ、直接相談よりも、インターネットでの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、心理的に相談しやすいのではないでしょうか。

多重債務や借金の返済、練馬区在住で困ったことになった理由とは

借金のし過ぎで返済が出来ない、このような状況では不安で夜も眠れないことでしょう。
複数のキャッシング会社やクレジットカード会社から借金して多重債務の状況。
月ごとの返済では、金利を払うだけで精一杯。
これでは借金を全部返すするのは不可能に近いでしょう。
自分一人では返しようがないほどの借金を抱えてしまったなら、まず法務事務所・法律事務所に相談してみましょう。
弁護士や司法書士に、現在の状況を相談して、解決案を見つけてもらいましょう。
ここのところ、相談は無料で受け付ける法務事務所や法律事務所も増えてきたので、一歩を踏み出して相談してみませんか?

練馬区/借金の減額請求って?|債務整理

多重債務などで、借入れの返金がきつい実情になった際に効果的な進め方の1つが、任意整理です。
今の借金の状態を再度チェックし、以前に利子の支払い過ぎ等がある場合、それを請求する、又は現状の借り入れとプラマイゼロにし、さらに今の借入れについて今後の利息を減らして貰える様お願い出来る進め方です。
只、借入れしていた元本につきましては、きちっと払い戻しをしていくということが前提になり、利息が減じた分だけ、過去よりもっと短い時間での返金が条件となります。
只、利子を返さなくて良いかわり、月ごとの払戻し額は少なくなるのだから、負担が減る事が通常です。
只、借金してる貸金業者がこのこれから先の利子に関しての減額請求に対処してくれない場合、任意整理はきっと出来ないでしょう。
弁護士の方などの精通している方に依頼すれば、必ず減額請求が通るだろうと考える方もいるかもしれませんが、対応は業者によっていろいろであり、応じない業者というのも存在するのです。
ただ、減額請求に対応してくれない業者はものすごく少ないのです。
だから、現実に任意整理を行って、消費者金融などの金融業者に減額請求をする事で、借入のストレスがかなり減るという人は少なくありません。
現実に任意整理ができるのだろうか、どの程度、借金返済が軽くなるか等は、先ず弁護士等その分野に詳しい人に頼んでみるという事がお勧めです。

練馬区|自己破産にあるリスクってどんなもの?/債務整理

率直に言って世間で言われている程自己破産のリスクはそんなに多くないのです。土地や高価な車やマイホームなど高価値の物は処分されるが、生きる上で必ずいる物は処分されません。
また二〇万円以下の預金は持っていて問題ないのです。それと当面の間の数箇月分の生活するうえで必要な費用百万円未満ならば持って行かれることは無いでしょう。
官報に破産者の名簿として記載されるがこれもごく一定の人しか見てないのです。
また俗にいうブラックリストに記載されてしまい七年間くらいはローン・キャッシングが使用ローンもしくはキャッシングが使用不可能になるが、これはいたしかた無いことでしょう。
あと一定の職種に就職できなくなる事も有ります。しかしながらこれも極特定の限られた範囲の職種です。
ですので債務超過で返す事の出来ない借金を抱えこんでるのであれば自己破産を実行するのもひとつの方法でしょう。自己破産を実施すればこれまでの借金が全くなくなり、新たに人生を始められるということでよい点の方がより大きいと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限として公認会計士や司法書士や弁護士や税理士等の資格はなくなります。私法上の資格制限とし後見人・保証人・遺言執行者にもなれません。また会社の取締役などにもなれないです。けれどこれらのリスクはほぼ関係ない場合が多いのではないでしょうか。リスクはさほど大きな物じゃない筈です。