日焼けした美容師は夕方にうつむく

ねえみんな、「ゲーマー」に関して考えてみない?さほど難しく考えることじゃない気がするんだ、「100%ジュース」のことって。

勢いで大声を出す友人と俺

働き始めて間もないころ、無知なこともあって、目立つ厄介なことをもたらしてしまった。
罪の意識を感じることはないといってくれたお客さんたちに、お詫びの方法も浮かんでくることがなく、涙が出てきた。
若いお客さんが、タリーズのラテをプレゼントと言ってくれた。
トチって2個頼んじゃってさ、とニコニコしながら違う種類のドリンク2つ。
長身で、ひょろっとしていて、すっごく親切そうな雰囲気をもっていた良いお客さん。
申し訳なかったな、と思い返す。

蒸し暑い休日の夕暮れはこっそりと
性能の良いカメラも、マジで夢中になってしまうけれど、それを抜きにしても極め付けと言うくらい宝物なのがトイカメラだ。
2000円強払えば単純なカメラが簡単に得られるし、SDカードがあればPCですぐに再生できる。
眼前性や、その一瞬を収めるには、性能のいいカメラがお似合いだと思う。
ところが、漂うおもむきや季節の感覚を撮影するときには、トイカメラには何にもかなわないと推測する。

ぽかぽかした大安の日没は熱燗を

先日梅雨が明け、今日セミが鳴き出してたのを聞いて、少年は「夏だ。」と思った。
夏休みが始まる前の休みの日の午前中、少年は縁側に座ってアイスクリームを舐めていた。
軒下では風鈴がときおり小気味いい音を立てていた。
いつにも増して暑い日で、太陽が少年の座った足を焦がしていた。
少年は元気に半ズボンという格好だ。
顔を伝って汗が流れ、アイスも溶けてきた。
少年は、近くにある市民プールのオープンを待ち焦がれていた。

前のめりで体操する妹と突風
ここ最近、フィクションを読みあさることはわずかになったが、一時前に北方さんの水滸伝に熱中していた。
別な作者が書いた水滸伝を軽く見た時は、取るに足りないと思い、夢中にならなかったが、北方謙三さんの水滸伝を読みふけったときは、興奮して、読むのが止まらなかった。
会社の休憩中や仕事が終わってからの夕食中、湯船の中でも読みとおして、1日一冊ずつ読み進めていた。
登場キャラクターが血が通っていて、男らしい登場キャラクターがとっても多数で、そこに心酔していた。

暑い休日の朝は外へ

今時のネイルは、ジェルなど、凄く高度な技が駆使されているようだ。
ちょっぴり安くなる招待状を貰ったので、来店してみた。
思いっきり、柄やシンプルさに対して、優柔不断なので、デザインを伝えるのに時間を要した。
親指にシンプルなネイルアートをしてもらって、その日は上機嫌になった。

曇っている休日の午後はビールを
人間失格を読破して、葉ちゃんの考えも理解できるな〜と考えた。
主人公の葉ちゃんは生活するうえで必ず抱えている感情を、多く持ち合わせている。
そんな部分を、自身の中だけに隠さないでアルコールだったり異性だったりで発散させる。
ラストで、バーのママが「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と言う。
その一言で、主人公の葉ちゃんは要領が悪いんだと、本当に可哀想に思ってしまう。

どんよりした大安の午後は昔を懐かしむ

田舎に住んでいたら、ネットでものがお手軽に買えるようになったのが、非常に助かる。
その理由は、まともな本屋が市内に2軒しかなく、本の品ぞろえも悪いから、購入したい本も手に入らないからだ。
取り寄せるよりネットショップで買う方がお手軽だ。
だって、本屋に行くだけで原チャで30分かかるから大変めんどくさい。
ネットに慣れたら、他のものもインターネットで手に入れるようになった。
他のものもオンラインショップで手に入れるようになった。
家電は、ネットのほうが確実に安価だし、型番商品は絶対にオンラインショップ購入だ。
だけど、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

風の無い週末の晩は読書を
友人の知佳子は賢い。
頭が良いんだろうなーと感じる。
あまり他者を裁いたりはしない。
あれ?と思っても、とりあえずその人の気持ちも酌む。
このことから、どんどん考えが膨らむし、我慢強くなるのだ。
意見を貫くよりも、この方が彼女にとって優先なのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむやり方、経験を自分のものにするやり方をとても分かっている。

天気の良い火曜の早朝は読書を

見とれるくらい綺麗な人に出会ったことがありますか?
過去に一度だけあります。
バスの中で20代前半くらいの女性。
同性の自分ですが、ドキドキしてしまいました。
どれだけスキンケアをしているか、という自分の努力も関係すると思います。
しかし、内側から醸し出すオーラはたぶん存在しますよね。
なかなか魅力的な方が多くいらっしゃるんだなーと感じました。

蒸し暑い月曜の午後はビールを
見物するのにたいそう多く歩き進まなくてはならない動物園は、7月はたいそう暑すぎてきつい。
友達の家族と自分の家族ともども共に見に行ったが、大変日差しも暑くてつらかった。
非常に蒸し暑いので、猿もゾウも他の動物もほぼ行動していないしし、奥の物影に姿を隠していたりで、非常に観察出来なかった。
行ける機会があったら次は、建物内で日陰もある水族館などがとても暑いときはよさそうだ。
子供が小学生になったら季節限定の夜の動物園や水族館も楽しそうだ。

コンテンツ

ねえみんな、「ゲーマー」に関して考えてみない?さほど難しく考えることじゃない気がするんだ、「100%ジュース」のことって。

Copyright (c) 2015 日焼けした美容師は夕方にうつむく All rights reserved.